アイフルは総量規制対象外?

大手消費者金融系カードローン業者として知られるアイフルは、以前からずっと「独立系消費者金融」として営業しているため、その商品は総量規制対象外にはなりません。つまり、アイフルとのカードローン契約は総量規制の対象となるため、借りられる金額は年収の三分の一までに制限されます。

総量規制対象外カードローンとは、主に銀行系カードローンを指します。というより、現状あるカードローンの中で、純粋に総量規制対象外になるものは、銀行系カードローンだけです。ただし、それはあくまでも純粋な総量規制対象外カードローンという位置づけになるものが1種類しかないというだけで、現実的に同等の利用ができるカードローンはあります。

貸金業法によると、カードローン契約をする場合に「借りる側にとって一方的なメリットがある契約に限っては、総量規制の影響を排除する」とあります。つまり、借りる人に大きなメリットがあると客観的に判断できる契約をする場合に限っては、アイフルの様に総量規制の対象となるカードローンであっても、年収による借り入れ制限を撤廃して契約できるということです。

つまり、アイフルは基本的に総量規制の対象となる契約となりますが、一部、条件が整っている契約をする場合に関しては、総量規制対象外のカードローンとして契約することができるということです。具体的にどのような状況ならばそうなるのかというと、「おまとめローンを契約する場合」です。
総量規制対象外カードローンでおすすめはどこ?大手3社徹底調査!はこちら